メンテナンス

フットペグやプラグのメンテナンスとオイル交換の時期

乗り始めた方や購入したばかりの初心者でもできる簡単なハーレーのメンテナンスとして上げられるのが、始業点検です。タイヤの空気圧、エンジンオイルの量、ライトなどの灯火類などがあります。まずタイヤの空気圧ですが、市販の空気圧計などで簡単に図ることができます。もしも空気圧が足りなければ、ガソリンスタンドなどで簡単に空気を入れてもらえるので、定期的に点検をしましょう。次にエンジンオイルの量の点検ですが、オイルキャップのゲージを見れば確かめることができます。オイル交換の時期ですが一般的には2,500~3,000キロ程度です。オイル交換は少し難しく、初心者には難易度が高いためこちらもガソリンスタンドやバイク屋などで交換をしましょう。灯火類のメンテナンスは、ヘッドライト、テールライト、ウィンカーがあり、目視や手をかざしてきちんと光っているかの点検をします。最近ではLEDのヘッドライトが増えていますが徐々に光度が落ちていくので、定期的なメンテナンスが必要です。

フットペグの交換は意外と簡単で、リテイニングリングというリングを外せば取り外しが簡単にできます。ただ分かりにくいポイントもあるので、動画などを見ながら交換するのが確実でしょう。次にプラグの交換ですが、プラグレンチで少し緩めた後、手で緩めていきます。このとき周りのゴミが中に入ってしまうと内部を傷つけてしまう恐れがあるので、エアーコンプレッサーやウェスなどできれいにしておきます。プラグの先端にオイルが付着していれば、新しいプラグに交換しましょう。

海辺ツーリング

相性が良いカスタムショップの選び方

ハーレーは購入してそのまま乗ることも出来ますが、好みに合わせてカスタマイズするのも楽しみの一つです。ハーレーのカスタマイズに対応出来る専門のカスタムショップも多数存在するので、イメージに合致した所を選ぶことで愛車をより美しく仕上げることが出来ます。その一方でカスタムショップにも相性があることから、愛車を長く乗りこなすためには妥協せずにこだわって選ぶことが大切です。

カスタムショップを選ぶ際は自身のイメージをそのまま形にするテクニックがあることが重要になります。ハーレーのカスタマイズは専用のパーツを組み合わせて行う他、場合によっては他の車種のパーツを改良してハーレーに使うことがあります。そのため、柔軟性に富んだセンスとハーレーの安全性と美しさを損なわない技術力を持つショップを利用するのが納得出来るカスタマイズにするためのポイントです。カスタムショップの情報はバイク専門誌やインターネットの口コミサイトなどで調べることが出来ますが、実際に来店して自分の目で確認するのが最も確実です。バイクのカスタマイズに対するスタンスはそのままショップの雰囲気に反映されるので、入りやすく居心地が良い所ほどカスタマイズも良好な仕上がりになる傾向があります。また、依頼者の要望を最大限受け入れつつ、バイクの性能や安全性を損なわない工夫が出来ることも優良なショップの条件です。そのため、ハーレー乗りひとりひとりで相性が良いショップは変わることから、自分に最も合っている所を選ぶように心がけましょう。